2017年6月22日木曜日

今年は8月に福島へ行きます!その前にチャリティーコンサート開催

今年は8月19日に福島県いわき市楢葉仮設の夏祭りに参加しますよ!
来年も再来年も続けたい!切なる思いはあるものの、資金不足。
これも、仕方がないかと今年で最後させてくださいと長浜にある長源寺さんにお伝えしました。
そのファイナルライブが7月に決定しました。
ぜひいらしてくださいね。

2011年から長きにわたり、私たちをご支援くださった全ての方々にありがとうございます。



2016年9月20日火曜日

長源寺チャリテーコンサート

9月18日(日)に滋賀県長浜市にある長源寺さんにて3度目になるチャリテーコンサートが開催されました。

住職の宮尾さんのご厚意で毎年声をかけていただき、無事に3回目のイベントをやることができて本当に感謝感謝です。

今回のイベントは、初めての試みで午前中開催となりました。



HEART&SOULのメンバーとろっ骨エクササイズ〜KaQiLa〜のバービーちゃんは
早朝我が家を出発して現地へ向かいました。

癒しチームのひろ先生は大阪から、気功の恵美さんは愛知県からそれぞれJRで長浜まで来ていただきました。

早速機材搬入とサウンドチェックをしたらもう本番です。

まずは住職宮尾さんからご挨拶と参加者全員で阿弥陀様へお念仏からスタートしました。

そして


お寺ならではの畳に座布団でカキラがスタート!!
みなさん、はじめての体験に楽しんでくださってました。


私の挨拶と、福島県石川郡平田村の方々から一度目のときにいただいた善意の募金箱の紹介。




横では、整体と気功の同時進行中












そして、いよいよHEART&SOULのライブ突入



終わってから、


整体受けながら生ライブなんて気持ちよすぎるぅ!!


という声も

終わってみれば、
募金箱と長源寺さんからのご寄付を合わせて


31000円

みなさんからの暖かい善意をちょうだいしました。
今回は特に癒しチームの二人のところには7000円もの寄付が!!
このイベントには癒しチームの存在が欠かせません。

そして、愛知県のスマイルブルームクワイヤーのお二人


オッハーさんと彩乃ちゃんの駆けつけてくれました。
オッハーさんは福島のイベントでも大活躍してくれてます。

歌、ダンス、癒し、エクササイズなどなどいろんな世界の方々が集結!


宮尾ご夫妻、HEART&SOUL、ひろ先生、恵美さん、オッハーさんご夫妻とかつて私の生徒さんだった粕ちゃん親子で記念撮影。(バービーちゃんは予定があり先に会場を後にしました。)


来年はどうやって福島へいこうか。いついこうか。
模索中ではありますが、きっとまたベストなタイミングが訪れるはずです。

うちでもイベントやっていいよぉ〜場所提供するよぉ〜という方がいらっしゃいましたら、ぜひお声掛けくださいね。
待ってマァス!


2016年7月6日水曜日

2016年5月6日最終日

アップが遅くなりましたが、福島へのツアー最終日のご報告です。

今回ははじめてジュピアランドひらたでのイベント後に太田旅館にもう一泊。
朝早く出発して、いわき市へと向かいました。

午前中は久之浜にある翠祥園でコンサートをさせてもらいました。


文子さんと恵美さんはお客様の中に入って、マッサージや気功をされてました。


昨年は祖母が入所していたので、みんな身内みたいな錯覚が起こりましたよ。

ひろ先生は少し離れた場所で整体。

最後に施設のみなさんとぱちり。

宮原さんと山本恵美さんは電車の時間もあり途中で出発されました。


最後まで本当にありがとうございました!!

そして午後はいよいよ最後の大仕事



広野町の子どもたちに会ってきました!!


バイオリンの音色に引き込まれている子どもたちも、最後には私たちと大きな円になって歌い踊ってくれました。



最後にみんなとぱちり

地元に戻っている子どもたちが多いというのもはじめて知りました。



長い長い三日間が終わり、私たちはそれぞれ帰路に着きました。
なんとこの後も電車が止まるなどのアクシデントがありましたが、なんとか無事にみんな自宅に戻ることができました。

実は行きのサービスエリアで、隣に止まっていた車にドアをぶつけるというハプニングがあり、警察を呼んで事故処理をしてもらい示談という形になったものの、相手が新車であるということから、ドア一枚交換という由々しき事態になりかけてました。
10数万円の請求に私も一時はあきらめかけてましたが、その時のツアーの経緯や私たちのイベントの趣旨に賛同してくださり、なんと3万円で示談交渉が成立。

それでも痛い出費ですが、不幸中の幸いでした。

トラブルやハプニングもない方がおかしいくらい、毎度毎度強行スケジュールの私たちですが、今回で5回のイベントを無事に終えることができました。


みなさんからの暖かい募金で開催してきたこのイベントですが、現在残った支援金は数万円。
来年以降の開催は危ぶまれる事態となりました。

しかし、まだまだ仮設住宅はなくなっていないし、原発の問題はなんの解決もしておりません。

これからも私たちはできることをしていきたいと思います。
また来年も音楽や笑顔を届けに行きたい!!
その気持ちだけは持ち続けていこうと思っています。

ご縁をいただいたみなさん、本当にありがとうございました。



みんなぁ、また会いましょうねぇ

2016年5月25日水曜日

2016年5月5日はジュピアランドの日

5月5日今年も平田村の地でこの日を迎えられたことに感謝します。

早朝、ひろ先生に勧められ太田旅館の裏手にある小高い山に散歩に出かけた。


古い鳥居が!
地元の子どもたちの格好の遊び場になっているそうです。
滑りそうになりながら上まであがると

巨石が3つほど祭られてました。
ずっと、私たちを見守ってくださっていたのですね。
今回初めてお礼を言うことができました。ひろ先生ありがとうございます。

さて、いよいよジュピアランドへ出発です。
やすさんとオッハーさんは早々と朝食を済ませて、郡山へやもさんを迎えにいかれました。
吉田昌樹さんもぐっちさんをお迎えに福島空港へ


今年のジュピアランドひらたもきれいです。
展望台になっているスカイカフェ634(むさし)まで登ってひろ先生が撮影してきてくれました。
毎年なんだかんだで行けずじまいなので、うれしい写真!

リハーサルは毎度のことながら公開リハーサルです。


ぐっちさんとはスケジュールが合わず、この日初めて合わせます。
風も吹く中、みんな真剣にサウンドチェック!

そして、11時10分
バービーちゃんの司会の呼び声と共に
今年も菅布禰太鼓保存会「め組」のみなさんによる和太鼓で華やかに開演!!


宮原春彦さんの選曲はお客さんのお顔をみて決められるとか。


ばーびーちゃんのKaQiLa〜でみんな身体がのびーる!

ここでサプライズのフラッシュモブ
https://youtu.be/f6jZxVU4aWI

このツアーの音響機材一式とPAをお任せしっぱなしの佐藤好英さんにも歌っていただきました。


ここで、だんだん雲行きが怪しくなってきました。あら?雨?
急遽子どもたちの歌を先にすることに


すると、どうでしょう!!あらら??雲がすっかり逃げていきました。
毎年何かが起こるステージなのですが、今年はこんなすごいミラクル。



そして、ぐっちさんの演奏。実はこれもずっと希望してきたことの一つ。
今回やっと実現しました。
シバザクラにバイオリンの音色が染み渡っていました。


そしてHEART&SOULの登場です。このダンスはなんでしょう??フフフ

とりを飾るのはこの方

おっと違う違う(^^;)これは当日舞台裏で必死にやもさんのダンスについていこうとしている私たちでした。


こちらがアースデイwithマイケルのやもさんです。
きれっきれのダンスを披露してくれました。
その後、オッハーさんとさちねこさんの入ってスリラーも披露!!

私たちも入ってジャクソンメドレー。なんでもありです。

さらに子どもたちも入ってダンスダンスダンス!!

https://youtu.be/-RQhhJow5zk

大きなイベントが一つ終了した瞬間でした。


それぞれが、そのときできる精一杯をやりきって、そして楽しむ!
そんなイベントです。
誰もやらされてない。ひたすらに楽しむ!

この後すぐに帰路についた冬樹さん、オッハーさん、やもさん、さちねこさん、やすさん今年も盛り上げてくださりありがとうございました。

これまでジュピアランドでのイベント開催をご支援くださった芝桜まつり実行委員会のみなさん大変お世話になりました。

さらに毎年、教育委員会へ学校へと奔走してくださり、子供たちの集まり具合を一緒に心配して、また私たちのアッシー君にまでなってくれて、陰になり日なたになり私たちを支え続けてくださった吉田昌樹さんには感謝の言葉もありません。

5年間の感謝を込めて、ここにあらためてお礼を言わせてください。
平田村のみなさん
本当にありがとうございました!!
この素晴らしい心の交流を私たちは決して忘れることはないでしょう。

こんな大きなイベントを5回も出演者たちだけで作り上げることができたのは、
それぞれの惜しみない愛の力。
それにつきると思います。

こうやって読んでくださっているみなさまも、私たちに大きな力を送ってくださってます。いつもいつもありがとう。





2016年5月12日木曜日

2016年5月福島へ(一日目5月4日の模様)

今年で5回目になるスマイルアゲインチャリティーイベント。
今回の参加者は
私、KOZ、ROCO、たくちゃん(コーラス)HEART&SOUL
宮原春彦さん(ギター弾きがたり)
バービーちゃん(奇跡のろっ骨エクササイズKaQiLa)
辻田浩志先生(整体)オステオパシー腰痛館より
山本恵美さん(気功)
佐藤文子さん(アロマハンドマッサージ)京都リフレより
オッハー大橋さん(マイケルジャクソンダンス)
やもさん(マイケルジャクソンダンス)アースディwithマイケルより
さちねこさん(マイケルジャクソンダンス)アースディwithマイケルより
やすさん(マイケルジャクソンダンス)アースディwithマイケルより

という前回のメンバーに加えて
堀口和子グッチさん(バイオリン)
広吉冬樹さん(ギター)

の総勢15名が参加。

そして、平田村在住の吉田昌樹さんと遠藤まーくんにも昨年に引き続きご協力いただき、子どもたちとのやり取りや、移動の際の運転手、カメラマンなど雑用の全てを快く引き受けていただきました。
それから、私たちのイベントに欠かせない音響は今年も平田村在住の佐藤好英さんにお願いしました。

まずは、私たちHEART&SOULは車で福島へ向かいました。
5月3日は嵐のような土砂降り。KOZの高槻ジャズストリートの出番終了を待って、18時に高槻を出発し、夜中じゅう首都高周りで現地到着が朝9時半。
かなり気を使いながら多久ちゃんは嵐の中を運転、KOZに交代するとなぜかぴたりと雨がやむという不思議な現象。

そして、そのまま平田村の公民館で子どもたちとの最終練習。車の手配の関係で荷物を全部旅館においていかねばならず、私たちはすぐに衣装に着替えてのレッスン。



そして、そのままいわき市中央台高久の第四応急仮設へ移動しました。
ここは、一回目のツアーからずっと来させてもらってる仮設です。

広野町は役場も町に戻っていて、住民もかなりの数が自宅や新しい住宅に移っています。
とはいえ、高齢者は病院や買い物などの関係もありまだここを離れられないという方々もいらっしゃいます。


集会所の中で、整体と気功がはじまりました。お二人とも現地入りしてすぐにお仕事開始。



コンサートの方もまずは宮原さんから。懐かしい曲の数々にお客様も口ずさんでいます。


続いてバービーちゃん、みんなで〜KaQiLa〜
彼女は、このツアー二回目のときに参加してくださったカキラリストAKKOさんに刺激を受けて、〜KaQiLa〜を学びインストラクターにまでなってしまいました!!


そして、これがすごい!!
仮設に平田村の子どもたちを連れていくことができました。
オッハー大橋さんと一緒にマイケルジャクソンのBeat itを踊っているところです。

今年の目玉として、吉田昌樹さんに相談していたこと。それが、

平田村の子どもたちと仮設住宅に暮らす方々との交流

でした。
地元の子どもたちと高齢者の触れ合いは、熊本の避難所の様子などをみていても、非常に意味があることだと感じていました。
しかし、平田村からいわき市まで移動の手段、そして保護者の了解などなど課題もあり、一旦は実現不可能に思われたのです。

ところが、一度目の練習に集まった子どもたちに聞いてみると、

「行きたい!!」

とのこと。また親御さんが昌樹さんのお知り合いということもあり、20数名の中の4名ではありましたが、連れて行けることになったのです。
移動の車もやすさんのおかげで定員ぎりぎりと機材を持ってくることができました。



佐藤さんにお借りした音響を駆使してPAまでお願いしました。

そして、私たち



ぎりぎりになって参加が叶った冬樹さんともここで合流。

私たちほとんど寝てません。
それで、このエネルギーってすごい!!
循環してるんですね。みなさんからいただいてました。



子どもたちは練習している歌も披露してくれました。

そして、コンサート終了後にはお家の中を見せていただくことに!!
四畳半一間とキッチンとユニットバス。そこに洗濯機

子どもたちからは

「え?お風呂はいるとき、どこで服脱ぐの?」

「洗濯物はどこに干すの?」

などおどろきの声が。

私も実ははじめて。この暮らしを5年もされていたんですね。
しかし、住めば都といいましょうか、ここでの暮らしもそれなりに月日が立ち、慣れてもきます。生活が出来上がっているんですね。
すぐに移動できないという方々への説明会の打ち合わせで町長さんも来られてました。

町長さんとは二度目の再会です。今度は広野町のイベントでぜひ!とお声をかけていただきましたよ。

どうぞみなさん、お元気で。
またぜひお会いしましょう!

すべての行程を終えて、この日の宿太田旅館へ



夕食はこんなごちそうを出していただきました。
村の支援者も集まって恒例の

天気あげ

です。
明日天気になぁれ。